本文へショートカット
現在のページ

カカオお問い合わせフォーム

一般

一般 カテゴリ

一般 本文









1. 以前の電話番号で使用していたカカオトークのその他>カカオアカウントを選択してカカオアカウントを設定してください。


 


2. カカオトークを削除後、新しい電話番号で認証を受けてください。


 


*新しく認証する前に、トーク履歴を保存したい場合は、トークルーム内右上段ボタン>トーク履歴をEメールで送信で保存をしてください。


電話番号変更時は新しい電話番号で認証をして以前使っていたEメールアドレスを再設定すると、以前使っていたカカオトークは退会になります。


 


3. 以前設定していたカカオアカウントを新しく認証したカカオトークに設定してください。


 


カカオアカウントにインポートできる情報:


カカともリスト、知り合いかも?リスト、ブロックリスト、プレゼントしたり購入したアイテム、カカオトークID、プロフィール画像、ステータスメッセージ(端末の連絡先に登録されていないカカともは、カカともが設定した名前で表示されます。) 









グループトークルームから端末のメニューキーを押します。


「もっと見る」を選択した後、トークルーム通知をオフにすれば、現在のグループトークルームからのメッセージ着信通知を受けなくなります。


グループトークルームの通知をオフにした場合、右上にアイコンが表示されます。




トークルームの通知オフに設定したグループトークルームはトークリストからも区分されます。


再度通知を受ける場合は、端末のメニューキーを押して「もっと見る」を選択し、「トークルーム通知」にチェックを入れてオンにしてください。 









その他メニュー>設定>通知設定を選択し、「新規グループトーク通知」をオフにすると、新しく作成したり、招待されたグループトークルームからメッセージが届いてもプッシュ通知を受けなくなります。  









その他メニュー>「マイプロフィール」を選択し、「ID検索許可」メニューをオフに設定すると、カカオトークIDで検索できなくなります。   









カカオトーク退会は、カカオトーク登録時に登録した電話番号とカカともリスト、これまでのトーク内容のすべてが削除される機能です。


カカともと、これ以上メッセージを交換することができなくなり、カカオトーク退会後、再インストールしても既存のデータは復旧されません。 









カカオパッとPCページ(http://www.kakao.com/ko)>カカオパッと>問い合わせページに接続後脱退問い合わせをクリックすれば脱退関連案内ページが提供されます.その中[解約/紛失認証後カカオパッと脱退すること]クリックされた後解約(紛失)インズンハシミョンカカオトク脱退が完了します.上のプロセスで脱退にならない場合には携帯電話利用契約証明書を添付して顧客センターで問い合わせして下さい。(SKT:利用契約証明書、KT:原簿証明書、LGU+:加入事実確認書)-必須記載項目:(解約、紛失停止)日時、本人署名 









カカオトーク公式サイト(http://www.kakao.com/ja)>カカオトーク>お問い合わせページにアクセスした後


退会お問い合わせをタップすると、退会に関する案内ページが表示されます。


そのうち[SMS認証後カカオトークを退会する]を介してSMS認証番号を受信して入力すると、カカオトークの退会が完了します。


上記のプロセスで退会できない場合には、携帯電話の利用契約証明書を添付し、お客様センターにお問い合わせください。  









カカともリストに登録されていない相手からメッセージを受信した場合、トークルームの最上位に[カカともに追加]、[ブロック]、[スパム報告] の3つのボタンが表示されます。


スパムの場合には、スパム報告ボタンをタップして報告することができます 









カカオトークのその他メニュー>設定>カカとも管理>ブロック管理から解除することができます。  









一定基準以上のメッセージを個々のユーザーに、あるいはグループトークルームに送信した場合、システムから自動的に利用制限を行います。


また、多数の報告がある場合も利用制限がかかります。


利用制限がかかった場合、「サービスポリシーに応じて、カカオトークの利用が一時停止しました。」というメッセージが表示されます。


これらの自動制限システムは、違法広告メッセージなどユーザーとシステムに負荷を与えることをブロックするために導入されており、カカオトークシステムでは、各ユーザー同士でやりとりするトーク内容自体を知ることができませんので、送信されたメッセージの内容や意図に関係なく、同じようにサービスポリシーの適用を受けることになります。 

문의하기

ご希望の回答が見つからない場合は、顧客センターにお問い合わせください。